ダッシュのナビ跡修理

Tリーダーです。

久々のダッシュの修理です。

今回はひび割れではなく、ナビ跡の修理です。

オーナー様がモニターのステーを外している際、ダッシュの表面を破いてしまった

との事です。

それと、ステーの跡と両面テープの跡が残ったままで気になるという事で、今回

修理の依頼を頂きました。

では、修理に入ります。

まず、破れた部分を少しひろめにカットしてその中に接着剤を流し込み、表皮と

中のスポンジをしっかりくっ付けます。その後、傷の表面をある程度フラットに

するためにサンディングします。

この後パテを盛ります。

パテをサンディングしながら全体をフラットに仕上ていきます。この作業で

最終的な仕上りが決まってきます。

無事、作業が完了しました。

いい感じで仕上られたと思います。

 

2009年10月21日 カテゴリー: シートリペア

 

 

 

 

創業60年

カテゴリ一覧

 

月別アーカイブ

 

カレンダー

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

ガラスエーミング機器調整

お知らせ
  • 2020年9月6日
    台風が近づいています。6日、日曜日は当番対応致しております。ガラスに問題が発生した場合はご一報ください。

  • 2020年9月1日
    ホームページを全面リニューアルしました

ご利用の流れ

コートテクト|自動車ガラス交換なら熱反射ガラスへ

 
▲前のページに戻る

 

 
Copyright © 2020 ワカシマオートガラス株式会社. All Right's Reserved.
ページのトップへ戻る