幌の外れ・レザーの修理はお任せ!

 

幌素材はどうしても縮んでいく!

幌の枠に貼り付けられたガラス、輸入車に多く採用されています。非常にカッコいいものですがこれが時間の経過とともに外れてしまう場合があります。原因は素材がどうしても新品時より縮んでしまうためです。外れた素材は縮んでしまっていますので簡単に接着することはできません。縮んだ素材を伸ばす作業を経てその後、適した接着剤にて外れないように留めていきます。

 

安易な修理ではまた同じことが起きてしまいます!

素材からガラスが外れた場合にはお車をご購入されたショップ様や自動車ガラス店様に 修理を依頼されると思います。そのショップ様がこの修理に慣れておられればベストなのですが、そうでない場合は一時的な修理となってしまいます。この修理は前述させていただきましたようにかなりのノウハウが必要です。素材を伸ばすテクニック・素材とガラスを強力に繋ぐプライマーや接着剤の選定・乾燥させていくタイミングなど短期間でまたガラスが外れることが無いようにするための工程が大切になっていきます。
弊社では再修理が起きにくい作業を進めるとともにお客様に工程などをご説明するようにしております。

 

作業期間と費用は?

ルーフガラス外れの作業工程は平均的に5日間前後となっています。これは車種や幌の形状、外れた状態により変ります。また極端に縮みすぎている、裂け目がある、ボディが錆びているなどの場合もあると思います。まずは見せていただくのがベストです。費用に関してもケースバイケースですのでこの作業においては外れたところの写真を送付していただくか、もしくはお持ち込み頂ければ短時間にてご案内いたします。(写真を送付される場合はお問い合わせからが簡単です)

 

色替えなどできるの?

弊社では車内の内装のリペアや張り替えを行うインテリアリペア技術と自動車ガラスの交換・脱着を行う技術を応用してルーフの張替えや幌の外れ修理や交換を行っています。また幌やレザーと相性の良好な塗料や接着剤、プライマーも取り揃えています。これにより車種ごとや状況ごとに対応する色替えも行っています。また新品への交換や風合いの違うものへの変更などもご相談をお受付けしております。まずはお気軽にご相談ください。

 

 

創業60年 

福岡ワカシマオートガラスのスタッフブログ

ガラスエーミング機器調整

お知らせ
  • 2020年9月6日
    台風が近づいています。6日、日曜日は当番対応致しております。ガラスに問題が発生した場合はご一報ください。

  • 2020年9月1日
    ホームページを全面リニューアルしました

過去のお知らせを見る

ご利用の流れ

コートテクト|自動車ガラス交換なら熱反射ガラスへ

 

 
Copyright © 2020 ワカシマオートガラス株式会社. All Right's Reserved.
ページのトップへ戻る