マジェスタの内張り補修

Tリーダーです。

久々の投稿です。(最近ちょっとサボリ気味でした、すみません

今回も内張りの補修です。

いつも思いますが、この型のクラウン、マジェスタの補修は非常に多いです。

写真を見てもわかりますが、今回の内張りの痛み方も凄まじいようです。

逆に、どうしたらここまでなるのって感じです

では、修理に入っていきます。

まず、大きめのキズを接着剤を使ってある程度フラットになるまで整え

その上から全体にパテを盛って仕上ていきます。

その後、サフを全体に吹き、表面整えていきます。

この時同時に、表面に型パットを使って元と同じ模様を付けていきます。

まだサフが白いので、この時点では見にくいのですが、模様はしっかり付いて

います。

ここまで来たら、後は塗装です。

これで完成です。

塗装したら、しっかり模様が付いているのがわかります。

 

2009年9月27日 カテゴリー: シートリペア

 

 

 

 

創業60年

カテゴリ一覧

 

月別アーカイブ

 

カレンダー

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ガラスエーミング機器調整

お知らせ
  • 2020年9月6日
    台風が近づいています。6日、日曜日は当番対応致しております。ガラスに問題が発生した場合はご一報ください。

  • 2020年9月1日
    ホームページを全面リニューアルしました

ご利用の流れ

コートテクト|自動車ガラス交換なら熱反射ガラスへ

 
▲前のページに戻る

 

 
Copyright © 2020 ワカシマオートガラス株式会社. All Right's Reserved.
ページのトップへ戻る