本当に多いですね、クラウンの内張り

それにしても多いですよね、クラウンの内張りの修理。

そのほとんどが凄まじいといったら大げさですが、それだけ酷い

状態のものがほとんどです。

今回の物も状態はよくありません。

クラウン(180系)の左右フロントドアの内張りですが、写真を見ての通りです。

写真右側の内張りはそんなに酷くはないのですが、左は結構酷いようで

アップした写真が

穴が二箇所開いて、表皮が破れてしまってます。

この内張りの裏面が上の写真で、左の四角いものが砕けた破片です。

凄まじさがよ~くわかります。

まずはこの裏面から補強していきます。

補強が完了したのが上の写真です。砕けた破片を接着し、その上から

グラスウールをもう一度接着します。

今度は表の修理です。

パテなどでキズや穴を埋め、最後に塗装して仕上たのが上の写真です。

穴が開いてた部分もこの通り、模様も付けてほとんどわからなく仕上る

事が出来ました。

 

2010年3月28日 カテゴリー: シートリペア

 

 

 

 

創業60年

カテゴリ一覧

 

月別アーカイブ

 

カレンダー

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

ガラスエーミング機器調整

お知らせ
  • 2020年9月6日
    台風が近づいています。6日、日曜日は当番対応致しております。ガラスに問題が発生した場合はご一報ください。

  • 2020年9月1日
    ホームページを全面リニューアルしました

ご利用の流れ

コートテクト|自動車ガラス交換なら熱反射ガラスへ

 
▲前のページに戻る

 

 
Copyright © 2020 ワカシマオートガラス株式会社. All Right's Reserved.
ページのトップへ戻る